NEC Direct(NECダイレクト)

3Dプラズマテレビ「TH-P46GT3」を買ってみた

3D見るなら大画面、大画面ならプラズマ、ということで、パナソニックのプラズマテレビ「TH-P46GT3」を買ってみました。

行き過ぎた価格競争で各社のテレビ事業は赤字となっているようですが、消費者にとっては価格以上のクォリティの製品を入手できるチャンスとなっています。

3Dゲームや3D Blu-rayのプレーヤーとしてのPlayStation3と、3D映像に非対応のサウンドラックSC-HTR210と、TH-P46GT3を接続するとき、取扱説明書や公式サイトの「つなぎ方ナビゲーション」を参考にすると、3D映像と5.1chサラウンドを両立させることができないようです。試行錯誤した結果、下図のようなつなぎ方に落ち着きました。
TV_con.png

HDMIなどの端子は左側の裏にあります。
PB060077_2.jpg

HDMI入力2の端子が外側に向いているので、テレビの脇からケーブルが見えないようにするには、取り回しに注意が必要です。
PB060076_2.jpg

デフォルトの設定のままだと、エコを意識しているせいでがっかりするくらい画面が暗かったりするので、接続にしても画質設定にしても設置時にはそれなりに手間を掛ける必要があるようです。ただ最初の設定さえきちんとすれば、高画質の映像を大画面で楽しむことができます。



Panasonic 46V型地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョンプラズマテレビ TH-P46GT3

パナソニック