NEC Direct(NECダイレクト)

Bluetoothレシーバー「MW600」

01_box.jpgホワイトモデルが発売されたばかりではありますが、あえて、半年前に発売されたブラックモデル「MW600/B」のレビューです。

電源ボタン長押しで起動すると、Sony Ericsson のロゴが表示されます。

02_launch.jpg

iPhone とのペアリングを済ませると、iPhone から通知された時刻が表示されます。

03_link.jpg

側面にボリュームが付いています。これをなぞることで音量を調節することができます。

04_volume.jpg

調節には若干の慣れが必要です。慣れないうちは、なぞっても反応しなかったり、意図しないタイミングで音量が変化したりしてしまいます。

05_volume_adjust.jpg

反対の側面には再生コントロールがついています。左手前に見えるのは、電源ボタンと充電用の Micro USB 端子です。

06_controller.jpg

再生ボタンを長押しすると FM ラジオに切り替えることができます。iPhone には radiko プレーヤーなどがあるので、あまり使うことはなさそうです。

07_FM.jpg

iPhone に電話がかかってきたときは、電話番号もしくはアドレスブックに登録されている名前が表示されます。漢字もきちんと表示されるようです。

08_phone.jpg

MW600 自体は曲名表示機能を持っているのですが、残念ながら iPhone 側が対応していません。

SHURE の SE210(カナル型イヤフォン)をつないでみたところ、常にサーというホワイトノイズが聞こえます。それでも、他の Bluetooth レシーバーに比べるとノイズは低く抑えられているようですし、それほど気になるものではありません。

カバンに iPhone を入れてレシーバーを胸ポケットという使い方をしたとき、他のレシーバーではしばしば音が途切れていましたが、MW600 では途切れることなく快適に使えています。